武富士の責任を追及する全国会議

ホームページが新しくなりました

電話相談: 047-360-2123 受付時間:月曜~金曜 10:00~17:00
全国からご相談の電話をお受けして、各地の弁護士無料相談をご紹介します。
武富士一万人訴訟ニュース 第18号(管財人訴訟)

武富士一万人訴訟ニュース 第18号(管財人訴訟)

平成24年8月10日

武富士の責任を追及する全国会議
代表 弁護士 新里宏二
事務局長 弁護士 及川智志

司法書士 乾 亮太朗

ニュース⑭に続いて、小畑英一管財人が武富士創業家を相手に提訴をした訴訟のうち、たった一つだけ傍聴が可能な管財人訴訟(配当返還請求訴訟)の傍聴ニュースをお送りします。
前にお知らせしたとおり、他の事件は非公開の「弁論準備」手続となっているため、傍聴することができず、なにが行われているか全くわかりません。

(メモより)
創業家の大株主に対する配当金返還請求訴訟(13:30~)
東京地方裁判所601号法廷
平成23年(ワ)32498号配当金返還請求権
谷口安史裁判長、松下貴彦裁判官、森田強司裁判官、斎藤竜也書記官
原告:小畑英一更正管財人
被告:武井俊樹他

13時30分を少し過ぎて裁判官が入廷しました。

谷口裁判長
お待たせしました、それでは始めます。
被告の第3準備書面を陳述しますね。

被告代理人
はい。

谷口裁判長
乙1号証から10号証を提出とします。

被告代理人
はい。

谷口裁判長
乙4号証と8号証は原本、判決と意見書ですね。
本日のところは以上でよろしいですか。
被告から詳細な主張がなされましたので、原告は反論をして下さい。

管財人代理人
はい。

谷口裁判長
それでは次回は原告の反論で弁論を続行します。

管財人代理人
原告は弁論準備でもけっこうですが。

谷口裁判長
今後の原告の反論にもよりますが、いまのところ法律論の問題だと考えています。
二、三回前までは、裁判所も弁論準備手続をと思っていましたが、弁論準備手続が必要かどうかを見極めてから判断をしたいと思います。
次回は弁論を行います。
原告は反論にどの程度の期間をご希望ですか。

管財人代理人
被告から詳細な主張がなされましたので、1ヶ月半(←聞き取れない)ほどいただきたいと思います。

谷口裁判長
すこし先になりますが、10月11日(木)の午後1時15分とします。
原告の書面提出は少なくとも期日の一週間前までにお願いします。

感想

被告が提出した意見書とは、前回の期日で提出の検討をするとされていた学者の意見書と思われます。
唯一傍聴が可能な事件が、非公開の弁論準備手続になるかどうか、緊張した傍聴でした。
法廷内で交わされた会話は短かったのですが、終わったときには長い時間が経ったように感じました。
なお、ニュース⑬でお知らせした「新宿七夕訴訟」は控訴審(東京高等裁判所民事20部春日通良裁判長)でも原審が維持され、8月2日に勝訴が確定しました。
提訴から4年、大変な裁判を闘いぬいた、原告ご本人と弁護団の苦労が報われました。

以上

« »