武富士の責任を追及する全国会議

ホームページが新しくなりました

電話相談: 047-360-2123 受付時間:月曜~金曜 10:00~17:00
全国からご相談の電話をお受けして、各地の弁護士無料相談をご紹介します。
平成28年3月2日最高裁街宣・要請活動

平成28年3月2日最高裁街宣・要請活動

報告;司法書士 芦田 笑美子


最高裁判所前での街宣活動と、担当書記官への要請を行いました!

武富士の責任を追求する全国会議7陣まである全国訴訟のうち、1・7陣併合訴訟の判決言い渡しのみを残し、大変遺憾ながら東京高等裁判所での敗訴判決が続いております。
これについては、順次上告をしていますが、そのさなかの3月2日、午前8時30分より、弁護団が最高裁判所南門~西門前で、最高裁判所に武富士訴訟の誤りを正して司法の正義の実現を求める街宣活動を行いました。

残念ながら通行人が想定よりかなり少なく、予定していたビラを配りきることはできませんでしたが、地裁前での街宣以上に、受け取ってくださった方が熱心に目を通しながら歩いて行かれることが何度もあり、手ごたえを感じて終えることができました。

その後、午前10時より、最初に上告した第3陣の担当書記官に事前に連絡を取り、上告申立て理由の補充書、学者の意見書、上告人の陳述書の提出と合わせて、担当書記官に要望を申し伝える機会を設けていただきました。

まず、今後、全国の高等裁判所から同種の事件が何件も上告される見通しであり、同じ小法廷でまとめての審理となるかどうかをうかがったところ、ケースバイケースであり、裁判所の判断になるのでなんとも言えないとの回答がありました。

また、現時点で、同種の事件が同じ小法廷に係っているかについて尋ねたところ、調べなければわからず、教えていただくことについても、回答しかねるとのことでした。

そこで、弁護団からは、本件は、被害者・被害額ともに大変大きく、社会的意義のある事件であり、事件処理の効率の面だけではなく、公益性や公権的判断の統一といった観点からも、同種事件をまとめて進めていただきたいと申し入れました。

次に、弁護団からは、本件は、大阪地裁と大阪高裁で判断が分かれたこと、そこでは、新しい貸金業者の義務に関する法的論点があること、これについて、学者も興味を示しており、今後判例評釈が出たり、意見書の用意も考えられたりすること等を伝え、十分な審理を尽くしていただけるよう、要請しました。

くしくもこの日の前日、最高裁判所は、認知症の高齢者の保護責任につき、意義のある判決を出したばかりでした。武富士訴訟においては、高裁までは大変厳しい判決が続いておりますが、最高裁にはちゃんと正義があることを信じて、前向きに闘い続けますので、引き続きのご支援をお願いいたします。

以上

« »