武富士の責任を追及する全国会議

ホームページが新しくなりました

電話相談: 047-360-2123 受付時間:月曜~金曜 10:00~17:00
全国からご相談の電話をお受けして、各地の弁護士無料相談をご紹介します。
やろう!1万人訴訟! 武富士と武井家の過払い逃れを許すな!

やろう!1万人訴訟! 武富士と武井家の過払い逃れを許すな!

武富士に対し過払い金返還請求できる方へ

やろう!1万人訴訟! 武富士と武井家の過払い逃れを許すな!

東京地方裁判所は、サラ金大手の武富士に対し、昨年10月、会社更生手続開始を決定しました。
また、本年2月、最高裁判所は「武富士元専務で武井家長男の俊樹氏に2000億円にも上る税金を還付すべき」と判決しました。
武富士の会社更生手続では、200万人の2兆円にも上るといわれる過払金が切り捨てられます(過払い金の数%しか返ってこないと見られています)。

一方で、武富士創業者故武井保雄氏の妻博子氏はいまだに日本の大富豪です。
還付される税金だけで2000億円を手にする長男俊樹氏、保雄氏の跡目を継いだ二男健晃氏も巨額の財産を保有しています。
武井家に膨大な資産を残しながら、「命の過払金」は踏みにじられるという不正義がいま進行しているのです。

武富士の経営実態は、「高金利」、「過剰融資」、「過酷な取立」という「サラ金三悪」の極みでした。
武富士の取立を恐れ、食費も子どもの教育費も削り、税金も滞納し、健康保険料も払えず、病気になっても治療もできず、心理的に追い詰められて精神を病んだり自殺したりといった悲劇が積み重ねられてきました。
ですから、そうした悲劇の果てに生まれた過払金はまさに「命の過払金」なのです。
そして、支払義務のない高金利を脅して騙して武富士が取り立て、その結果、武井家は財をなしてきたのです。

私たち「武富士の責任を追及する全国会議」(代表・新里宏二弁護士)は、弁護士、司法書士、被害者の会、学者などからなる市民団体です。
私たちは、武富士の引き起こしてきた悲劇を知っています。
ですから、私たちは、武富士と武井家の過払い逃れを決して許すことができません。
また、私たちは、武富士の代理人であった弁護士が管財人を務めているような「会社更生手続」では不正義を糺すことができないと考えています。
 
そこで、私たちは、会社更生手続とは別に、武富士の取締役と武井家の責任を追及する損害賠償請求の裁判を起こすことにしました。
全国で1万人規模の訴訟にしたいと思っています。
第一陣は5~6月ころに提訴の予定です。
この「1万人訴訟」に参加しませんか?参加費用(着手金)は、お一人5,000円です(実費別途・請求金額によって異なります。詳しくは弁護士と相談して下さい)。

下記「全国会議」事務局に電話をいただければお近くの弁護士をご紹介します。
ご面談のうえ参加されるかどうかを決めてください。

さあ、いまこそ一緒に闘いましょう!

「武富士の責任を追及する全国会議」
代表 弁護士 新里宏二   事務局長 弁護士 及川智志
〒271-0091千葉県松戸市本町5-9 浅野ビル3階 市民の法律事務所内
電話047(360)2123 FAX047(362)7038
ブログ http://takefuji-tsuikyu.com/

« »