武富士の責任を追及する全国会議

ホームページが新しくなりました

電話相談: 047-360-2123 受付時間:月曜~金曜 10:00~17:00
全国からご相談の電話をお受けして、各地の弁護士無料相談をご紹介します。
武富士一万人訴訟ニュース 第49号(第5陣6回目)

武富士一万人訴訟ニュース 第49号(第5陣6回目)

平成25年7月19日

武富士の責任を追及する全国会議
代表 弁護士 新里宏二
事務局長 弁護士 及川智志
〒271-0091 千葉県松戸市本町5-9 浅野ビル3階 市民の法律事務所内
電話047(360)2123 FAX047(362)7038

事務局次長 司法書士 乾 亮太朗

皆さんこんにちは。
東京地裁裁判所で行われた、5陣6回目の期日のご報告をします。

前回の期日は45号でお知らせしています。

第5陣6回目,午前10時15分~東京地裁708号法廷
斉藤繁道裁判長,鎌野真敬裁判官,手塚隆成裁判官,渡部明美書記官,原告代理人2名,被告代理人5名,傍聴席には14名。

2、主なやりとり

※法廷でのメモのおこしです。()内は僕の解説です。

斉藤裁判長
原告は第22準備書面から第24準備書面を陳述されますか。

原告代理人
はい,陳述します。

斉藤裁判長
ご発言での陳述をご希望とのことですが。

原告代理人
はい,第22準備書面の要旨を口頭で陳述します

斉藤裁判長:
被告はよろしいですか。

被告代理人
はい。

及川弁護士
(第22準備書面を陳述:全文は48号に記載したため以下は僕のまとめです。)

①,過払金返還請求は,他の大手貸金業者に対しても行われていた。
その中で,武富士のみが倒産した。
これは過払金の増加という一般的な理由で,武富士が倒産したのではないことを意味する。

②,現に,武富士の計算上の資産は過払金返還引当金を計上した後も黒字であった。

③,武富士の倒産原因は,平成16年から20年にかけて合計約1700億円の資金流出である。
内訳は16年3月期以降の1304億円の株式配当。
平成19年,20年の自己株式取得による107億円の支出。
平成20年の実質的ディフューザンス取引による約300億円の支出である。

④,これにより,武富士は運転資金不足となり,平成23年に予定されていた545億円の債務の弁済が不可能となり,倒産した。

⑤,武富士の役員は,会社の運転資金を不足させるような経営をしたのであるから,発生した倒産に責任がある。

斉藤裁判長
次に,甲129~188までを提出します。
原本は陳述書(先日の証人尋問のときに提出したもの)だけですね。

原告代理人
はい,甲129と130のみが原本です。

渡部書記官
(原本を被告代理人に示す。)

被告代理人
すみません,綴じ方の順番の問題なのですが,写真が・・・。

原告代理人
(被告代理人席と,裁判官席の間を廻り,確認する)

原告代理人
原本は,写真が前で,その後にエクセル,資料集と続くのですが。

斉藤裁判長
ページを振っていないので,綴じ直しで対応できますね。

斉藤裁判長
被告は,乙66号証を提出されますか。

被告代理人
はい。

原告代理人
原告の今後の予定について申し上げます。7/5に証人尋問がありました。
この調書の謄本(写し)を提出する予定です。
また,8/30には,被告武井健晃氏自身の本人尋問が予定されています。
この尋問によって作成される調書の謄本も提出したいと考えています。
また,被告のご主張に対する若干の反論もしたいと考えます・

斉藤裁判長
被告のご予定はいかがですか。

被告代理人
原告のご主張に,反論をいたします。

斉藤裁判長
それでは,別件(証人尋問と本人尋問)の結果を見たいと思います。
次回の期日は,9/27の10時15分から708号法定でおこないます。

3、報告集会

最近出た大阪高裁判決等について話し合いが行われました。

以上

« »